理事長の紹介

ご挨拶

理事長 享栄学園は、堀榮二氏が大正2(1913)年、名古屋市中区にアメリカ商業教育を基礎とし、 社会に出てすぐに役立つ人材の育成を目指す「英習字簿記学会」を創立以来、104周年を迎えました。

 平成28(2016)年、鈴鹿大学、鈴鹿大学短期大学部は、文部科学省が実施する「平成28年度私立大学等改革総合支援事業」において、タイプ1「教育の質的転換」とタイプ2「地域発展」、「平成28年度私立大学等教育研究活性化設備整備事業」において、タイプ1「教育の質的転換」に採択されました。

 本学ではより高次なアクティブラーニングの拡充を目指しています。そこで、国際文化ホールの音響設備等を整備し、大教室でも深い学びに導くアクティブラーニング(双方向学修)を実施することを目的としています。今回の選定結果により、本学は今後ますます教学体制の充実を図り、さらなる地域貢献の推進に努めてまいります。

 また、本年、平成29年4月1日を以って鈴鹿大学では「こども教育学部」を新設いたしました。これまでの教育研究上の成果の蓄積のもと、複雑化する現代のこども と学校教育をめぐる諸課題に対応できる幼稚園教諭及び養護教諭の養成を目指します。

 新しく生まれ変わった享栄学園がさらなる発展をとげますよう、皆様のご理解と、今後ますますのご協力・ご支援を賜りますようお願い申しあげます。

平成29(2017)年4月1日   
学校法人享栄学園 理事長 垣尾 和彦